リセマラ当たりランキング(冒険者)

(3コメント)  
最終更新日時:





リセマラ当たりランキング

ダンメモのガチャは★4が最高レアになっており、ランキングS以上の★4キャラを引ければリセマラ終了で問題ありません。 

また、このリストには期間限定キャラは載せておりません、期間限定キャラはたいてい強いので2体以上★4が手に入ったらリセマラ終了でもよいでしょう


火力、回復キャラが大当たり

冒険者は高火力キャラ、ヒーラーがおすすめなります。オッタルリヴェリアリリルカアイズレフィーヤは非常におすすめなキャラになります。


SSランク(超大当たり!)

【煌風剣姫】 アイズ・ヴァレンシュタイン

トップクラスの力を持ち、毎ターンMPが回復する精癒を持つ。
また、ステータス全体を10%上昇させるアビリティもあり、かなり強い。
必殺技では、気絶付与の確率もあり、スキルも、技発動時力上昇が、あるため、最強クラスのアタッカーといえる。
期間限定キャラを除けば、このキャラを物理アタッカー最強と言っても過言ではない。
【覚醒輪唱】 レフィーヤ・ウィリディス の物理版だと思うといい。

【覚醒輪唱】 レフィーヤ・ウィリディス

トップクラスの魔力を持ち、毎ターンMPが回復する精癒を持つ。
また、ステータス全体を10%上昇させるアビリティもあり、かなり強い。
必殺技では、封印付与の確率もあり、スキルも、技発動時魔力上昇が、あるため、最強クラスの魔導士といえる。
期間限定キャラを除けば、このキャラを魔法アタッカー最強と言っても過言ではない。
【煌風剣姫】 アイズ・ヴァレンシュタイン の魔法版だと思うといい。

【】


【】


Sランク(リセマラ終了!)

【英雄願望】 ベル・クラネル

初期メンバー、
ステータスはバランスが良すぎて強い点がなかったが、度重なる上方修正でかなり強くなった
例を挙げると今までバランスが良いが故に物魔どちらも攻撃力が高くはなかったが、発展アビリティに、魔力と力を43%も上昇するものが追加されたことによりバランス良く強くなった。
神様のナイフ で物理攻撃力を上げることできるので物理アタッカーとして使用でき、なおかつ強威力の素早い全体攻撃が、魔法も物理も行える
アルゴノゥトで4ターンの間、力と魔力を75%上昇でき、かなり強くなった。
最近よくある、物理耐性を持った敵と魔法耐性を持った敵、これらと同時に戦うときはかなり役立つ。
特出した強さはないが、どんなクエストにも行ける万能キャラなので持っておくと良い。

 【英雄憧憬】 アイズ・ヴァレンシュタイン

攻守ともにバランスが良く初期メンバーなのにかかわらず現役の強さを誇る
エアリアルという物理体制と力を上げる技もあり力に比例して威力が上がる魔法必殺技も持つためクエスト等で使いやすい


Aランク(妥協ライン)

【獣人偽装】 リリルカ・アーデ

初期メンバー、
常時出る回復キャラの中ではそれなりに使いやすい
状態異常と体力を同時に回復するスキルや相手に毒を付与するスキルが強い
今までは、魔法技もひとつしか使えず、攻撃にはほとんど使えなかったのだが、
上方修正により、今までの物理技が全て魔法技に、そして役に立たなかった物理用のアビリティも魔力よりに変えられ、かなり使いやすくなった。
ただ、あくまでサポート向きのキャラなのでランクA。
Bランク以上の攻撃ができるキャラがいればリセマラを終わらせてもよいだろう。

【浴室剣姫】 アイズ・ヴァレンシュタイン

バランスのいいステータスを持つ。
必殺技では、相手の回復力を50%減少させ、スキルは、全体攻撃をしつつ、相手の魔法耐性を減少させたり、敵単体に30%の確率で、睡眠付与を行ったり、味方全体の物理体制を40%上げることのできるスキルを持つ。
対人戦、特に物理メインの敵には、かなり使えるだろう。



Bランク(Aランクと一緒に引けたら嬉しい)

【疾風】 リュー・イオン


本来Sランクにも届きうる性能だが、通常攻撃が物理攻撃なのでBランク
技発動時のみに魔力を上昇させる中威の力高確率ペネトレーション風魔法攻撃を持ち、かなりのダメージを出せる。
また、回復技も持ち、いざというときはヒーラーもこなせる。
そして、見方全体の俊敏と魔力両方上昇する技も持ちかなり使い勝手がよく、
魔法系の技は基本発動が遅いがこのキャラはかなり早く発動できるので、役に立ちます。

【可憐旅行】 リリルカ・アーデ

魔法攻撃型の冒険者としては、かなり強い部類となる。
敵全体への魔法攻撃や、敵単体の魔法耐性を下げつつ、魔力を上げ、攻撃する技もあり、自身に、物理攻撃に二回無効を付与することもできる、
が、敵全体への攻撃時は、特に強化もなく、弱攻撃となるので、多くの敵と戦うことは、苦手でもある。
特定のクエストでは役に立つが、使いどころが難しいキャラ。



【円環絶唱】 レフィーヤ・ウィリディス


初期メンバー、
魔力が突き出て高いが耐久が紙なため、魔法が弱点な相手が出るクエスト以外あまり使い道はないが、その手のクエストでは
相手の魔法耐性を下げたりなどとかなり役に立つ。
しかし、強いかと問われれば微妙。
常時出る魔法キャラの中では強いほう

 【吼える魔刃】 ヴェルフ・クロッゾ


相手の魔法攻撃を反射する特殊技、ウィル・オ・ウィプスを使うことができ、
なお、高い耐久を持ち相手に挑発を付与する技も持っているため壁役もできる。
必殺技の氷鷲は、耐久と魔力、二つに比例して威力の上がる魔法攻撃なため物理も魔法もできる万能キャラとしても使える。

【絢爛戦姫】 アイズ・ヴァレンシュタイン

ステータスは、控えめだが、味方全体の力を35%上昇させるスキルや、味方全体の風属性耐性を50%上げるスキルは、特定のクエストでは、役に立つが、普段使いできるような万能キャラではないため、Bランク

【恥じらい妖精】 レフィーヤ・ウィリディス

ステータスは、【円環絶唱】 レフィーヤ・ウィリディス に似ている。
スキルは、敵単体と、全体への魔法攻撃で、封印を15%の確率で付与するスキルもあるが、どちらも中途半端で、基本的にAランク以上の魔導士の下位互換となってしまっている。
今後の上方修正に期待するしかないようなキャラ。

Cランク(リセマラ続行)


【侍クノイチ】 ヤマト・命

相手の俊敏を下げる技と力を下げる技を持っている
それだけ、今後、役に立つ場面が来るかもしれませんが今は、
役に立つと感じることはありません
Cランクなのは★4だからです。



Dランク(リセマラ確定)

上記以外のキャラ

コメント(3)
Twitter

コメント

  • アキト No.102512857 2018/05/23 (水) 13:05 通報
    まだ編集は終わってません、頑張ります
    0
  • アキト No.102143168 2018/02/28 (水) 00:10 通報
    今までベル君はさいじゃくとかいってすみませんでした。
    ベル君は強くなったよ、、、
    1
  • アキト No.102143159 2018/02/28 (水) 00:09 通報
    ほら見ろ、ベル君は強いんだぞ!
    0

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

最近の更新

2018/05/23 (水) 19:46

2018/05/23 (水) 19:44

2018/05/23 (水) 13:05

2018/05/22 (火) 23:19

2018/05/22 (火) 22:33

2018/05/22 (火) 22:16

2018/05/16 (水) 08:49

2018/05/16 (水) 08:45

2018/05/10 (木) 18:11

2018/03/25 (日) 17:39

2018/03/16 (金) 21:23

2018/03/15 (木) 22:54

2018/03/11 (日) 01:59

2018/03/10 (土) 00:57

2018/03/06 (火) 23:22

2018/03/05 (月) 20:01

2018/03/03 (土) 17:35

2018/03/03 (土) 00:16

2018/03/02 (金) 23:51

2018/03/02 (金) 23:47

新規作成

2018/02/17 (土) 23:08

2018/02/16 (金) 19:19

2018/02/16 (金) 19:18

2018/02/16 (金) 19:17

2018/02/16 (金) 19:16

2018/02/11 (日) 13:18

2018/02/11 (日) 12:33

2018/02/10 (土) 17:55

注目記事
NEWSに恋して 加藤シゲアキ攻略ルート NEWSに恋して
ドッカンバトル LRバーダックの評価 ドッカンバトル攻略Wiki
テリアサーガ リセマラ当たりランキング テリサガ攻略wiki
オルレコ リセマラ当たりランキング オルレコ攻略wiki
ページ編集 トップへ